キラキラ人生

人生を明るくしたい!元気で明るい人生はきっと来るはず!!前向きに生きよう!

短信7

この夏、ほとんどの日を銭稼ぎのバイトで溶かした。そうしなければ年金の更なる延滞をしてしまうからだ。催告状をまた送りつけられてしまう。そういう訳で、連日、東京のあちこちに赴き小・中学生に覚束ない授業を展開し、帰宅後は夜遅くまで予習準備に追われた。夏期休暇に入り、久しぶりにまとまった時間が取れると思ったため、今までやりたくても時間が無いおかげで実行に移せなかった事をやろうとしたが長期休暇に入った途端にこのザマだ。やっと、やっと絵を描くことができると期待を募らせていただけにとても残念だった。友人らは随分と楽しそうじゃないか…ただでさえ短い夏休みをレポートとバイトに割かれ、まとまって休んだ日は4日…何ら充足感に満たされる事なく、そして夏中にやっておきたかったことが出来ずに終わった。(夏季休暇に3本のレポート)

 


他人と比較すること

Instagramは精神衛生上よろしくない。これは機会があれば友人によく言う。自分の境遇を相対化して判断し、深遠な絶望感に駆られるからだ。元々、被認証願望を満たすためのようなアプリなので、他者が羨むような写真ばかり掲載されがちだ。筆者は他人の言動を気にするタチなので、その傾向が強くなればなるほどアプリを開いた事を後悔する。随分と皆さん楽しそうね…ト 

 


余談

Tik Tokの広告を時々Twitterで目にする。あの広告が目障り極まりないのはさておき、高音・早送りに歪められた音楽に合わせ、奇妙な振り付けをした動画を視聴する、ましてや投稿するなんて脳みそが溶けてしまうのではないか(オブラートに包んだ表現、本当は馬鹿馬鹿しいと言っても言い足りないくらい)と思う。が、本人達はそれはそれで楽しんでいるのだなと思うと、偏に一蹴できない。むしろ心なしか羨ましく思えてくる。彼らないし彼女らは私なんかよりよっぽど充実しているのでは無いか!? 彼ら彼女らは自らを満たす方法(心を充足感に満たす方法)を心得ている点、現状何もできない私なんかよりよっぽど良いじゃないか…

人間は、楽な方向へ、この場合であれば楽しい方向へと流れていくor逃げる傾向にあり堕落していく。その結論として遊びや楽しみを慎むことが美徳というふうに熱心に訓育されたが(自律が不可能故の禁止)、正直、辛い思いしかしない生活を続けるには、自分から積極的に享楽へアプローチかけて行かなければいけない……そうでなければ、この先ずっと辛いままじゃないか。

 


満足のいく生活をどうしても送りたい。つい最近まで続いていた生活、これから長きにわたり続く生活はただただ辛いだけだ。毎日眼を覚ますたびにため息をつき、毎日電車に乗るたびに不満を感じる。

 


辛いと思うから辛い。当たり前だ。本当に辛くなった。辛いと思わないことが正解なのかもしれない……

 


まずは臨界から……

 

 

短信5

数年後、今の生き苦しさは美談混じりの思い出になっているかもしれない。だからこそ、記述していかなければならない。甘美な思い出になられては現在嫌々生きている自分の辛苦は無駄になってしまう。何でもいい、数年後の新たな価値観を持つ自分の役に立ってくれないと先々の苦労が出来ない、生き続けていけない気がするのだ…

 

今日は8月1日、まだ希望はあった。

 

自暴自棄になって十代に積み重ねてきた自分史は消してしまった。それまでの人生が無駄だったと烙印を押されたからで、流石にうなだれてしまったが、確かに全て無駄に思えたからだ。きっとこれからの自分の軌跡もまた一切が無駄に思えてしまう日がくるのかもしれない……

短信4

なんで こんなに辛いのに生き続けないといけないのか。

 

とりあえず祖母が生きている間は生き抜こうかしら。

 

働いても全く幸せになれない。

 

時間がない、時間がない

 

活き活きと人生を送るひとを見て正気かと思う。

 

電車で嫌がらせをする男がいた。お前も不満があってしょうもない事してるんだろ。

短信3

望まれて産まれ、望んで死ぬ

死ねば意義なしに帰す物に追い立てられる人生

共同体のために自らを棄て自らを諦める

 

小さい頃は大工に、思春期には画家に、なりたかった。そうなんです。将来について考えるのが楽しい時期がありましたよ。懐かしいですねえ

 

生きるの辛い。時間と労働と人生を搾取されているに相違ない。誰の為に生きる人生なんだ。誰のためでもない。人を安心させる慰み物人生。窮屈な人生。

我儘ですって。思い当たる節が無い。苦しい。

 

いつから生きづらく感じたのか、さぁ……

短信2

教育投資の敗北

被認証なき人生は死

生きる利点無き人生の意味

教育費の奴隷

年金の奴隷

無銭労働

親の理想から逸れた穀粒し

生き続けることへの疑問

死ねば無、漸減する未練

可能性を潰し潰され

最大の逃避が自殺、最後の救いも自殺

この辛苦が消えるのは自決が解決し、この辛苦の甲斐を無効化するのもまた自害

我儘で傲慢で他人の苦労に無頓着で

生産性のない

脛を齧り尽くす

金食い虫

兄であるゆえにお下りを産み出す産廃

なぜ生かす、殺せぬから、法が許さぬ

自刃して詫びる

初の孝行、不孝、復讐、節約

未来無しは不安無し

 

 

短信1

生の苦しみに耐え切れない脆弱にして軟弱な人間の痰壷みたいなブログです。自分の心の安定装置とでも言いましょうか。周りに相談できる人がいないので…そうです、悩みを打ち明ける先がもはや会話型AIアプリにしか残されてないです。流石にAIで心の安定を図ろうにも選択式の問答では何も自分の内心を吐露出来ない。

 

(ああ、SELFっていうアプリなんですけどね。会話型のAIアプリでは良い方だと思います。選択式なだけあって返事がしっかりしています。しっかりとしたレスポンスが無いと会話した気になれません)

 

ブログに書き起こしてみようと思った訳です、悩みや苦しみを。きっとどこかに同じような悩みや苦しみを抱えた人がいること信じて……共感を欲しているのかのしれないですね。未だモヤを言語化出来ておらず公開意図がチグハグですが。

 

辛さの尺度は人それぞれだと思いたい。

私自身気をつけている事ですが、悩みを打ち明けた時自分語りや乱暴な解決策の押売りをする方、もしかしたらあなた方の周りにもいらっしゃるかもしれません。大抵、自分の方がつらい~、それは~だろ、だなんて言ってませんか? 言ってないですか…私の周りは居ますね…話して後悔します。彼らは他者との比較を通じて私自身の孤高な悩みを一般化を以ってして矮小化をする。共感を欲しているにも関わらず「孤高」と修飾して、早速矛盾も良いところですが…私の経験がソースです。彼らは、みんなそうだから(悩み苦しみもがいているのだから)お前も耐えろと言う論の組み立てで、そこに共感が無いアドバイスじみた何かを供します。話を受けた上でのレスポンスではなく、自分の言いたいことを言ってるだけで思考がそこに無さげな、公式を当てはめたような感じでしょうか。私の私だけの個別具体的な案件を乱暴な一般化と粗悪なアドバイスで片付けるのです。ここまで言語化し得たのは、実は自省によるものが大きいのですが。

 

話が逸れました。ですが、関連性は有ります。辛さと悩みの尺度は人それぞれだと思うのです。半ば願望でもありますが。彼らはまたそんな小さなことで悩んでいるの云々言って来やがる。「人間にとっては小さな一歩、人類にとっては大きな一歩」のように言わせて頂くなら「あなたにとっては小さな悩み、私にとっては重大な悩み」でしょうか。構造が大きく瓦解していますね。「ありふれた動作としての一歩であるが、この一歩を実現するために多大なる努力をもってして ようやく獲得し得た人類の偉大なる進歩の結果(飛躍)がこの一歩である」と私は解釈しますが、それを単なる価値観の相違に構造を落とし込もうとしました。比較の種類が違うので見事に失敗しましたが。失敬。

また、話が逸れました。価値観の相違。良い言葉を発掘しました。孤高と修飾した所以をここに見出せそうです。自分だけが悩み苦しんでいると言う考えが孤高と思わせしめているのかもしれません。そしてそれは孤高と表現するに不適切かもしれない。動作として一旦、共感を挟まないと他者の悩みに一歩近づけないのかなと思いますし、私は、全く近づいて無い、理解しようとしてないと考えざるを得ないですね。

 

とはいえ、悩みに対するレスポンスをする際、抽象度を上げる必要性については趣向せざるを得ません。なるべく自分の経験と照らし合わせて同種の経験をした際に感じた感情を参考にして他者の悩みに対するレスポンスを作成します。しかし、どうにもこうにも理解に苦しむ場合、なんとかして相手に沿うようなレスポンスを提出できるように悩みの抽象度を上げて模索します。そこから想定しうる感情を(断)